15.情報
TAG

15.情報

  • 2020-11-06

【建設】スマホやドローンで道路や橋を点検!予防保全によるインフラの長寿命化(事例研究)

<概要> ●5年以内に修繕が必要な橋やトンネルが8万カ所 ●特に自治体インフラの修繕遅れが目立ち、国はメンテナンス体制を強化 ●国は新技術による予防保全で維持コストを削減する方針 ●自動車のカメラやセンサーで道路を点検する技術 ●近接目視の規制が緩和され、ドローンを使った橋の法定点検も可能に ●市民によるスマホ通報や、 […]

  • 2020-10-22

【情報】複数の自治体で外部データセンターを活用する自治体クラウド(社会・技術動向)

<概要> ●情報システムを庁舎ではなく外部のデータセンターで運用する自治体クラウド ●複数の自治体で共同管理・運営してコスト削減と効率化ができる ●国はクラウド普及に向けて財政面とマニュアルで支援 ●自治体はセキュリティ対策としてシステムを3層に分けている ●セキュリティと使い勝手のバランスが課題 ●県内人口の4割が参 […]

  • 2020-10-06

【教育】予算や検討会議など、国がデジタル教科書の導入を強力に推進(国政情報)

<概要> ●2021年度の概算要求で文科省がデジタル教科書の経費を要求 ●拡大・書き込み・試行錯誤・画面共有などがデジタル教科書の利点 ●デジタル教科書は小学校の8.1%、中学校の9.5%しか導入されていない ●2020年度から国も骨太方針や検討会議でデジタル教科書を推進 ●端末やソフトの導入など教育のICT化に取り組 […]

  • 2020-10-02

【財政】来年度予算の目玉は?ようやく出そろった各省庁の概算要求(国政情報)

<概要> ●概算要求を見れば来年度予算の地方に与える影響が分かる ●厚生労働省はコロナ対策だけでなく社会保障経費も見通せず ●文部科学省は教員の大幅な増員とデジタル教科書を要求 ●総務省と経済産業省は、デジタル化と地方移住やテレワークを推進 ●国土交通省は公共交通のバリアフリー化と空き家対策 ●環境省はCO2排出量ゼロ […]

  • 2020-09-15

【総務】自治体の適切な職員定数は?定員適正化計画による定員管理(政策アイディア)

<概要> ●自治体の職員定数は、地方自治法により条例で上限規制 ●国は定員管理のモデル提示や調査結果を発表 ●休職などを除外する条例の追加で実態にあわせた定数へ ●非常勤など定数外職員数管理の把握が重要 ●「定員適正化計画」などで適正な職員数の目標が必要 ●電子化による大幅職員数減など、自治体の取り組み <チェックポイ […]

  • 2020-09-11

【広報】ターゲットを絞って「伝わる」戦略的広報を!(事例研究)

<概要> ●自治体広報の認知度とニーズは世代によって様々 ●特にウェブ広報は、SNSの利用もアクセシビリティ対応も不十分 ●LINEで住民ごとに必要な情報だけを届けて成功している事例 ●広報シートとPRリーダーで戦略的広報を全庁的に推進した事例 ●外部向け広報は、自治体イメージのブランド化とターゲット設定が重要 <チェ […]

  • 2020-07-31

【図書館】電子書籍やオンライン問い合わせなど図書館のDX(政策アイディア)

<概要> ●国は自治体業務のDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進 ●コロナ後の図書館は「実空間の充実」と「デジタル」がポイント ●電子書籍貸出をしている図書館は1割以下 ●資料のデジタル・アーカイブ化と公開も図書館の重要な役割 ●調べもの相談(レファランス)も回答データベースを共有してオンライン化 ●電子図書 […]

  • 2020-07-22

【コロナ】7月末が登録締め切り!「新しい生活様式」に向けた「地域未来構想20オープンラボ」(国政情報)

<概要> ●コロナ後の「新しい生活様式」に向けた重点政策分野「地域未来構想20」 ●財源は新型コロナ対応地方創生臨時交付金 ●政府は「地域未来構想20オープンラボ」で自治体と専門家をマッチング ●地方創生SDGs推進、持続可能なまちづくりはコロナ対応にも有効 ●SDGsと連動したプロジェクトなど、自治体の取り組み事例 […]

  • 2020-07-21

【観光】いよいよ始まるGoToキャンペーン、自治体の感染症対策は?(事例研究)

<概要> ●2020年5月の観光業取扱額は97.6%減と壊滅的 ●政府は1.7兆円の補正予算でGoToキャンペーンを企画 ●コロナ収束後に行うはずだったが、感染者の再拡大と重なり批判を浴びる ●観光従事者のPCR検査や観光客の検温など感染防止の取り組み ●自粛期でも一定の需要が見込める隣県同士の「マイクロツーリズム」 […]

  • 2020-07-07

【教育】公立小中学校の携帯・スマホ持ち込み容認へ、学校現場の対応は?(事例研究)

<概要> ●現行ルールでは、携帯・スマホの学校持ち込みは原則禁止 ●大阪府は携帯・スマホ持ち込みに向けガイドラインを作成 ●文科省は学校における携帯電話の取り扱い見直し議論を開始 ●文科省の素案では、学校持ち込みルールやトラブル時の責任明確化も ●学校持ち込みの議論以前から、各自治体では携帯・スマホの使用ルールを作成 […]