61.環境
TAG

61.環境

  • 2021-10-01

【企画】2022年度の目玉政策「新たな成長推進枠」政策アイディアを表彰事例から調査(事例研究)

<概要> ●「新たな成長推進枠」はグリーン、デジタル、地方活性化、子育て支援の4分野 ●国や都道府県の各種表彰制度は事例発掘、アイディアの宝庫 ●グリーン分野:全国みどりの工場大賞、総務大臣表彰の信州Greenでんき ●デジタル分野:テレワーク先駆者百選、ICT地域活性化大賞、デジタル社会推進賞 ●地方活性化分野:過疎 […]

  • 2021-09-29

【財政】史上空前の111兆円!2022年度国の概算要求「新たな成長推進枠」(国政情報)

<概要> ●2022年度の概算要求は111兆円余り、予算編成の目玉は「新たな成長推進枠」 ●2021年9月に発足したデジタル庁はデジタル改革の方向性を示す ●厚労省はワクチン治療薬の推進などの「新たな成長推進枠」と4つの柱で要求 ●総務省は一般財源総額の確保、デジタル変革(DX)、グリーン社会の実現 ●文科省は子供のた […]

  • 2021-09-06

【環境】9月決算のヒント(7)総理の2050年CO2排出ゼロ表明で加速した温暖化対策(事例研究)

<概要> ●2020年度は総理の2050年CO2排出ゼロで地球温暖化防止政策が加速 ●「2050年CO2排出ゼロ」宣言をする自治体も増加、計画の具体化がカギ ●省エネルギー政策の最重要政策は住宅断熱 ●営農型太陽光発電など再生可能エネルギー振興 ●長野県の気候危機突破方針など自治体の取り組み <チェックポイント> ●2 […]

  • 2021-08-04

【議会】コロナ対策、低炭素社会づくりなど新しい課題の特別委員会(事例研究)

<概要> ●議会では必要に応じて特別委員会を設置可能 ●特別委員会の設置基準や過去の設置状況を紹介する事例 ●コロナ対策や低炭素社会など新しい課題の特別委員会 ●常任委員会でもテーマを設定して閉会中審査を活用する事例 <チェックポイント> ●特別委員会の設置数とテーマ ●特別委員会報告の状況 ●コロナ対策や低炭素社会づ […]

  • 2021-07-30

【環境】再エネ電気をふるさと納税返礼品に!再エネ比率を高める取り組み(政策アイディア)

<概要> ●第6次エネルギー基本計画の素案で、2030年の再エネ目標は36~38%に ●「地域脱炭素ロードマップ」が示され、モデルとなる先行地域に新交付金 ●地域資源を活用して発電された電気が、ふるさと納税の返礼品に ●電気の切替キャンペーンや企業版ふるさと納税など自治体の取り組み <チェックポイント> ●地球温暖化防 […]

  • 2021-07-15

【防災】熱海で土石流!盛土やソーラー施設に対する規制や条例を(社会・技術動向)

<概要> ●熱海の土石流では、盛土やソーラー施設が原因との疑い ●廃棄物でも汚染土でもない建設残土の盛土だけは法規制がない ●国は盛土造成地の調査を自治体に通知 ●ソーラー施設に対する国の規制 ●盛土やソーラーを規制する自治体の条例 <チェックポイント> ●盛土造成地の調査 ●盛土を規制する条例 ●ソーラー施設に対する […]

  • 2021-07-08

【環境】化学物質過敏症による香害(こうがい)、公共の場における配慮を(政策アイディア)

<概要> ●芳香剤・消臭剤などが原因となる化学物質過敏症 ●「化学物質過敏症(香害)」が消費者問題に ●公共の場で原因となる化学物質の使用を控える配慮 ●啓発パンフレット制作など自治体の取り組み <チェックポイント> ●「化学物質過敏症」「香害(こうがい)」についての市民への啓発 ●公共施設や学校での「香害(こうがい) […]

  • 2021-06-22

【環境】第6次エネルギー基本計画直前、自治体の再生可能エネルギー振興(政策アイディア)

<概要> ●国の第6次エネルギー基本計画が議論中、「意見箱」で意見を募集 ●各種団体から「再生可能エネルギーの目標引き上げ」の意見 ●環境省が示す、自治体が取り組む再エネ加速化・最大化促進プログラム ●固定価格買い取り制度(FIT)終了後の電力活用がポイント ●小中学校の屋根を活用するPPA事業、卒FIT電源活用など自 […]

  • 2021-06-11

【法改正】今国会で成立した法律(2)環境、消費者、医療、労務(国政情報)

<概要> ●地域の再エネを活用した「地域脱炭素化促進事業」 ●容リ法ルー トを活用したプラスチック資源の再商品化 ●送り付け商法や預託商法など消費者被害への対応 ●医師の労働時間短縮や感染症対応など ●障害を理由とする差別に関する人材育成と情報提供 ●役職定年制と定年前再任用短時間勤務制の導入 <チェックポイント> ● […]

  • 2021-05-18

【廃棄物】ペットボトル再生は海洋プラスチック問題のカギ!ボトル to ボトルの新技術(社会・技術動向)

<概要> ●世界で年間約800万トンものプラスチックごみが海洋へ ●河川流域調査から見えてきたペットボトル処理の課題 ●容器包装リサイクル法における自治体の役割と回収方法 ●容器包装リサイクル協会への搬入により配分される拠出金 ●新技術「ボトル to ボトル」などメーカーと自治体の取り組み ●自治体に代わり地域団体がペ […]