61.環境
TAG

61.環境

  • 2020-11-27

【動物愛護】餌やり防止や地域猫など、犬猫の殺処分をゼロにする取り組み(政策アイディア)

<概要> ●動物愛護法の改正で、地域課題として浮上した犬・猫の殺処分 ●野良犬猫の再生産につながる無責任な「餌やり」が問題化 ●「野良猫」「飼い主」「餌やり」など法的な定義は困難 ●飼い主のいない猫を去勢して地域で育てる「地域猫」事業 ●「人と猫との共生」条例など自治体の取り組み事例 <チェックポイント> ●動物愛護関 […]

  • 2020-11-26

【環境】石炭火力発電所廃止方針、地元経済への影響は?新技術は?(社会・技術動向)

<概要> ●政府は2030年までの非効率な石炭火力発電所を廃止の方針 ●石炭火力発電所の廃止による地元経済への影響 ●「公正な移行」で雇用や経済への影響を抑え、新しい産業の可能性を ●混焼による発電効率アップ、CO2の貯蔵など新技術 ●石炭火力発電所の廃止後のまちづくりなど、自治体の取り組み <チェックポイント> ●石 […]

  • 2020-11-19

【農林水産】食の革命「フードテック」で食料問題やゴミ問題を解決(社会・技術動向)

<概要> ●「フードテック」とは、人工肉や植物工場など新技術による食料生産 ●フードテックの市場規模は将来700兆円とも予想されている ●食料廃棄の削減でも期待されている ●新しい農業技術や、植物由来・昆虫由来の肉など ●農水省は産学官連携による「フードテック官民協議会」立ち上げ ●フォーラム開催や技術実証事業など自治 […]

  • 2020-10-30

【環境】新総理が2050年CO2ゼロ宣言!まずは公共施設の省エネから(社会・技術動向)

<概要> ●国の「2050年CO2排出ゼロ」宣言と自治体の状況 ●「2030年削減目標」の設定が重要 ●断熱など公共施設のエネルギー性能向上策 ●公共施設省エネ指針、環境モデル都市など自治体の取り組み ●石炭火力発電所の廃止宣言、原子力発電所をめぐる議論 <チェックポイント> ●自治体の地球温暖化防止計画の目標値 ●2 […]

  • 2020-10-21

【鳥獣対策】新世代クマが各地に出没!鳥獣被害を防ぐ国と自治体の取り組み(社会・技術動向)

<概要> ●温泉や商業施設など全国各地の街中でクマが出没し、自治体が警戒を呼びかけ ●環境省マニュアルや農水省の補助金など国のクマ対策 ●2020年は餌となるドングリが記録的な不作でクマの生息域が拡大 ●人を恐れない「新世代クマ」を集落に寄せ付けないため、餌の管理が重要 ●市町村支援センターや犬による追い払いなど、自治 […]

  • 2020-10-15

【廃棄物】指定袋・有料袋の導入でさらなるごみ減量を(政策アイディア)

<概要> ●ゴミ減量は循環型社会やごみ処理費用の抑制のために重要な政策課題 ●減量施策の一つとして、ごみ袋を指定、もしくは有料化する事例が増加 ●有料袋に上乗せする手数料には、排出量単純比例型と一定量無料型がある ●手数料が高いほどごみ減量の効果は大きいが、市民の抵抗感も増す ●手数料の工夫や丁寧な議論など自治体の事例 […]

  • 2020-10-08

【防災】求められる気候変動への適応策、家庭や避難所における創意工夫(政策アイディア)

<概要> ●CO2排出削減だけでなく、気候変動による被害の回避・軽減が重要 ●2018年の気候変動適応法で、地域気候変動適応計画の策定が自治体の努力義務に ●避難訓練や避難情報提供などデジタルの活用が求められる ●浸水防護やゴミ処理など家庭での備えも啓発 ●女性の視点で避難所運営の体制やルール見直しも <チェックポイン […]

  • 2020-09-03

【エネルギー】再生可能エネルギー由来の「水素」普及の可能性(社会・技術動向)

<概要> ●水素エネルギー、2030年にはスケールアップと大幅コストダウンへ ●自治体も公用車導入や補助金など水素エネルギーの普及を促進 ●「化石燃料由来」と「再生可能エネルギー由来」の水素エネルギー ●再エネの発電変動対策には、燃料電池車よりも電気自動車普及の先行が必要 ●再エネ余剰電力を水素に変換して貯蓄・利用する […]

  • 2020-08-28

【農林水産】新たな事業の可能性、農業×発電「ソーラーシェアリング」(社会・技術動向)

<概要> ●田畑の上部空間を活用して太陽光発電施設を設置する「営農型太陽光発電」 ●農作物と発電施設が太陽を共用する「ソーラーシェアリング」 ●農業の適切な継続を行うことを条件に2018年には許可期間が10年に規制緩和 ●栽培作物の工夫、設備建設の工夫により採算性のとれた優良事例が増加 ●営農型太陽光発電を災害時の地域 […]

  • 2020-07-28

【環境】エネルギーの地産地消で資本の流出を防ぎ、地域経済を活性化(事例研究)

<概要> ●地域の再エネ導入量を知る「自治体排出量カルテ」 ●地域外に流出するエネルギー代金が、総生産額の1割を超える自治体も ●自治体出資の電力会社や地元企業の連合体でエネルギーの地産地消をめざす事例 ●条例により町民の再生可能エネルギー享受権を宣言した事例 ●最終的にCO2排出マイナスとなるモデル住宅 <チェックポ […]