42.運輸
TAG

42.運輸

  • 2021-04-15

【交通】踏切道改良促進法が改正、渋滞を減らす自治体の取り組み(国政情報)

<概要> ●全国で「開かずの踏切」は500カ所、「ボトルネック踏切」は600カ所 ●国は5年ごとに「改良すべき踏切道」を指定し、8割が改善 ●2021年3月31日に、踏切道改良促進法の改正が国会で成立 ●災害時に遮断された踏切を開く手順作成を自治体に義務付け ●自治体から国へ「改良すべき踏切道」に指定を申し出ることが可 […]

  • 2021-03-11

【交通安全】コロナで急増!自転車事故を防ぐ取り組み(社会・技術動向)

<概要> ●食事宅配など仕事で乗る自転車の事故や、違反の摘発件数が増加 ●自転車保険の加入を義務化する条例が広がる ●自転車ヘルメットの義務化や補助金の事例 ●スマホを見ながらの運転も事故の原因に ●自転車の用水路への転落事故を防ぐ取り組み <チェックポイント> ●自転車事故の現状と推移 ●自転車保険の加入義務化 ●ヘ […]

  • 2021-03-05

【交通】独禁特例法や運輸連合、生き残りを賭けたバスの取り組み(社会・技術動向)

<概要> ●バス事業者の倒産や休廃業は過去最多、路線バスの減便も ●独占禁止法の特例によるバス会社の「共同経営」が始まる ●北海道は「運輸連合」で交通事業者間の運営一元化を促す ●ワクチンバスやオフィスバスで稼働していない車両を活用 ●一方で、他社の撤退後は自治体バスが穴埋めを求められる <チェックポイント> ●地元バ […]

  • 2020-12-10

【公共交通】タクシー回数券・定期券、グリーンモビリティなど新しい移動支援政策(政策アイディア)

<概要> ●高齢者、免許自主返納者、要介護者、障がい者、妊婦などへのタクシーチケット助成 ●介護研修や実証実験などタクシー業界も工夫を重ねる ●時速20km未満・電気で走る「グリーンスローモビリティ」 ●タクシーの回数券・定期券といえる新たな運賃・料金サービス開始 ●コロナ禍でタクシー利用の宅配が特例措置、10月以後も […]

  • 2020-11-09

【街づくり】人口減少社会に向けて、歩いて楽しめるコンパクトなまちづくり(事例研究)

<概要> ●人口減少社会でコンパクトシティが重要に ●公共交通を軸に、多極型コンパクトシティをめざす事例 ●第二次国土形成計画の重点的政策「コンパクト+ネットワーク」 ●移動距離の短いまちづくり、ドイツの「ショートウェイシティ」 ●「歩いて楽しめるコミュニティ」など自治体の取り組み <チェックポイント> ●人口ビジョン […]

  • 2020-11-06

【建設】スマホやドローンで道路や橋を点検!予防保全によるインフラの長寿命化(事例研究)

<概要> ●5年以内に修繕が必要な橋やトンネルが8万カ所 ●特に自治体インフラの修繕遅れが目立ち、国はメンテナンス体制を強化 ●国は新技術による予防保全で維持コストを削減する方針 ●自動車のカメラやセンサーで道路を点検する技術 ●近接目視の規制が緩和され、ドローンを使った橋の法定点検も可能に ●市民によるスマホ通報や、 […]

  • 2020-10-29

【公共交通】広がるコミュニティバス路線、ニーズの把握と採算性が課題(政策アイディア)

<概要> ●2006年の法改正により全国の自治体で広がるコミュニティバス ●導入効果が認められる事例、認められない事例 ●国交省が先進事例紹介やアドバイザーとのマッチングを支援 ●MaaS、連接バスなど先進技術への対応、検証や路線改定の必要 ●小型バス、100円均一、循環型、充実した路線など自治体の取り組み <チェック […]

  • 2020-10-27

【街づくり】道路・駐輪場整備、シェアサイクルで、自転車活用を促進!(政策アイディア)

<概要> ●環境・健康面に役立ち、交通渋滞を緩和する自転車活用 ●自転車活用推進法により、自転車利用の事業を推進 ●国は4つの目標を掲げた「自転車活用推進計画」を策定 ●自治体による地方版自転車活用推進計画づくり ●駐輪場整備やサイクルシェア支援など自治体の取り組み <チェックポイント> ●自治体版自転車活用推進計画の […]

  • 2020-10-14

【公有財産】高級公用車に批判!カーシェアリングや犯罪抑止など公用車の活用方法(事例研究)

<概要> ●センチュリーなど高級な公用車に批判が高まっている ●国と自治体では公用車の削減やネット売却が進んでいる ●土日と夜間に公用車を市民と共用するカーシェアリング ●公用車のドライブレコーダー映像で犯罪捜査や犯罪抑止 ●通学支援や移動投票所など、公用車の様々な活用例 <チェックポイント> ●市長や議長などの公用車 […]

  • 2020-09-03

【エネルギー】再生可能エネルギー由来の「水素」普及の可能性(社会・技術動向)

<概要> ●水素エネルギー、2030年にはスケールアップと大幅コストダウンへ ●自治体も公用車導入や補助金など水素エネルギーの普及を促進 ●「化石燃料由来」と「再生可能エネルギー由来」の水素エネルギー ●再エネの発電変動対策には、燃料電池車よりも電気自動車普及の先行が必要 ●再エネ余剰電力を水素に変換して貯蓄・利用する […]