42.運輸
TAG

42.運輸

  • 2020-07-21

【観光】いよいよ始まるGoToキャンペーン、自治体の感染症対策は?(事例研究)

<概要> ●2020年5月の観光業取扱額は97.6%減と壊滅的 ●政府は1.7兆円の補正予算でGoToキャンペーンを企画 ●コロナ収束後に行うはずだったが、感染者の再拡大と重なり批判を浴びる ●観光従事者のPCR検査や観光客の検温など感染防止の取り組み ●自粛期でも一定の需要が見込める隣県同士の「マイクロツーリズム」 […]

  • 2020-06-18

【国会】通常国会が閉会、成立した法案で自治体に影響のあるものは?(国政情報)

<概要> ●2020年の通常国会では55本の政府提出法案が成立 ●所有者不明土地や企業版ふるさと納税、森林環境譲与税の改正 ●歩行者利便増進道路や公共交通のバリアフリー ●災害ハザードエリアからの移転支援計画や、マンション管理適正化推進計画 ●地域住民の課題解決を包括的に支援する体制整備 <チェックポイント> ●総務省 […]

  • 2020-06-09

【地域交通】地域公共交通活性化再生法が改正!あらゆる手段で地域の足を守る(国政情報)

<概要> ●コロナによる乗客減で経営破綻するバス事業者も ●第2次補正予算では地域交通の感染症対策を半額補助 ●地方のバス路線などの廃止を防ぐ改正地域公共交通活性化再生法が成立 ●バス路線を維持するために自治体が後継事業者を募集・選定 ●地方公共団体と交通事業者が、地域の輸送資源を総動員する交通計画を作成 ●自家用車に […]

  • 2020-03-11

【交通】公共交通を無料化!?欧米のトレンドが日本にも(事例研究)

<概要> ●エストニアの首都タリン市は2013年に市内の公共交通を無料化 ●結果として人口が増えて住民税が新たな財源に ●ルクセンブルクは2020年3月1日から国内の電車やバスなど全て無料化 ●欧米を中心に100の自治体が公共交通を無料化している ●国内でも様々な無料化実験が行われている ●他にも値下げや定額運賃、事業 […]

  • 2020-02-07

【交通】代わりの足はEV?自動運転?高齢者の免許自主返納(社会・技術動向)

<概要> ●東京・池袋の暴走事故をきっかけに、高齢ドライバーが社会問題に ●運転免許を自主返納する高齢者は年々増加しているが、移動手段の確保が重要 ●栃木県では免許を返納すればバスが終身無料になる自治体が増えている ●民間企業や商店街も、お得な特典で免許返納を後押し ●自動運転バスもいよいよ公道を運行開始 ●最終的には […]

  • 2019-11-20

【交通】AIとMaaSで進化!地域を支える乗合タクシー&デマンドバス(事例研究)

<概要> ●少子高齢化と運転手不足で路線バスの廃止が続き、地方の公共交通が維持できない ●国はタクシーを柔軟に活用できるような規制緩和を進める ●スマホのアプリで予約すると、複数の乗客を効率よく運ぶAIタクシーが運行開始 ●幹線バスと巡回交通やタクシーなど、複数の交通手段を組み合わせる地域版MaaS ●乗客と同時に宅配 […]

  • 2019-08-02

【交通】移動革命MaaSで変わる地域の交通(社会・技術動向)

<概要> ●MaaSとは、公共交通とタクシーやシェアカーを 1 つの切れ目ないサービスとしてとらえる、新たな「移動」の概念 ●スマートフォンのアプリで、複数の交通手段をつないだルートを検索・予約・運賃決済できる ●マイカーは半減し、公共交通の利用者が増え、高齢者・障害者や子連れ世帯が外出・買い物しやすくなる ●政府はM […]

  • 2019-07-23

【公共交通】持続可能な公共交通と交通弱者対策(事例研究)

<概要> ●地域交通を担っていた公共交通や旅客運送事業者の撤退や縮小が進行 ●地方都市では移動手段の確保・維持の為にコミュニティバス・オンデマンドバスや自家用有償旅客運送事業の推進が必要 ●地域公共交通の活性化及び再生の促進の法律に、平成26年改正では「持続可能な公共交通」の文言が追加 <チェックポイント> ●現在、取 […]

  • 2019-07-12

【交通】貨物と旅客の混載による物流と公共交通の可能性(政策アイディア)

<概要> ●環境問題や人口減少対策、ドライバー不足解消の観点などから、物流の総合支援が必要 ●貨物と旅客の混載輸送については平成29年9月に規制緩和 ●鉄道・路線バスと宅配事業者との連携だけでなく、新幹線での長距離・短時間輸送や、地域タクシーの宅配、自転車での配送など ●連携の広がりはあるものの事業者数は少なく、制度の […]