73.子育て
TAG

73.子育て

  • 2021-04-12

【子育て】妊娠届出を簡素化して、妊婦に寄り添う面接を重視(政策アイディア)

<概要> ●妊娠時に必要な「妊娠届出」と母子健康手帳の交付 ●妊娠届の項目は、氏名、居住地、健康診断の有無など6項目 ●届け時のアンケート内容で記入をためらう妊婦も ●届出項目を簡素化して聞き取りを重視する自治体 ●母子手帳配布時の面接相談、育児ギフトなど自治体の取り組み <チェックポイント> ●妊娠届出の様式 ●妊娠 […]

  • 2021-03-16

【障がい児福祉】放課後等デイサービス、急増の一方で不正請求やサービスの質に課題(政策アイディア)

<概要> ●障がい児向け支援策「放課後等デイサービス」が急増 ●一方で、不正請求などで179事業所が行政処分 ●ガイドライン作成など厚労省はたびたび対応策を発表 ●2021年度には放課後等デイサービスでも報酬改定が予定 ●ドキュメンタリー映画化された事業所など先進事例 <チェックポイント> ●放課後等デイサービスの実態 […]

  • 2021-02-10

【財政】コロナ臨時交付金(1)第3次申請と時短協力業者への協力要請推進枠(国政情報)

<概要> ●コロナ臨時交付金、3次申請は2021年2月10日が締め切り ●臨時交付金を使用した自治体の先進事例を紹介「地方創生図鑑」 ●緊急事態宣言に対応した「協力要請推進枠」を別枠で創設 ●全国知事会は、協力要請推進枠拡大・交付金の増額を申し入れ ●感染防止に定額おむつサービスなど交付金を使った自治体の取り組み <チ […]

  • 2021-02-08

【住宅】空室が多い中堅所得者向けの特定公共賃貸住宅(政策アイディア)

<概要> ●年収、家族要件がある中堅所得者向けの「特定公共賃貸住宅」 ●特優賃法対象住宅は、自治体、外郭団体など多様な設置主体 ●新築は人気だが経年により高くなる空き室率、入居促進の工夫 ●入居支援、家賃引き下げ、入居要件見直し、他目的住宅への移行など ●わかりやすいネーミング、入居条件緩和など自治体の取り組み <チェ […]

  • 2021-02-05

【子育て】代替保育や保育士への慰労金、保育を維持する自治体の取り組み(事例研究)

<概要> ●緊急事態宣言でも国に開所を要請され、苦戦する保育所 ●国は医療関係者には5万円〜20万円の慰労金を出したが、保育関係者には出していない ●保育士に独自の慰労金を出す自治体が続出 ●コロナ感染で休園する保育園は多いが、代替保育が用意できる自治体は少ない ●代替保育の場所や補助金を用意する自治体の事例 <チェッ […]

  • 2021-01-28

【児童福祉】児童虐待防止に向けて、広がるかステップファミリーへの支援(政策アイディア)

<概要> ●ステップファミリーとは、再婚による血縁関係のない親子を含む家族 ●夫婦のどちらかが再婚である割合は結婚全体の26.8% ●継子との関係など難しい問題も相談する場所がない ●目黒女児虐待死事件もステップファミリーの支援不足が課題に ●「子どもをしつけられる良い親であるべき」と思い込む継父による虐待が多い ●一 […]

  • 2020-12-02

【まちづくり】遊具の安全性確保と新規導入で、子育て世代に魅力ある公園整備(政策アイディア)

<概要> ●子どもを連れて遊びに行ける公園は自治体の魅力 ●遊具による事故防止のため、国は安全指針の策定や啓発を実施 ●安全面や老朽化による公園遊具の撤去が進む ●遊具の新規導入には予算の壁、公園遊具が減少する傾向 ●安全基準に対応した改修、寄付募集、特徴ある公園など各地の事例 <チェックポイント> ●自治体内公園の種 […]

  • 2020-11-02

【子育て】激化する保育士争奪戦!保育所の数だけでなく保育の質が問われる(事例研究)

<概要> ●2024年度には14.1万人分の保育の受け皿が不足 ●保育士も不足し、施設同士や自治体間で保育士の争奪戦が激化 ●一方で、保育所運営費が人件費に回されない事例も ●事故件数は最多、一方的な閉園など保育の質が問われる事態 ●保育士に一時金や慰労金を支給する自治体 ●家賃や資格取得費の補助、国基準を上回る保育士 […]

  • 2020-10-01

【広報】街の魅力を発信!シティプロモーションで自治体を売り込む(事例研究)

<概要> ●少子高齢化、自治体間競争の時代にシティプロモーションは重要な要素 ●アニメとの連携、海外への発信などシティプロモーションの事例多数 ●民間との協働・連携など、シティプロモーションの推進体制 ●シティプロモーションの前に、地域ブランドの育成が重要 ●若者向けプロモーションや地域ブランド認定・登録制度など自治体 […]

  • 2020-09-29

【精神保健】芸能人の相次ぐ死、若い世代の自殺をどう防ぐか?(社会・技術動向)

<概要> ●若い世代の死因第1位が「自殺」なのは先進国で日本だけ ●コロナで自殺防止の活動が休止になり、8月の自殺者数は大幅に増加 ●2017年に改定された自殺総合対策大綱で若者対策が強化 ●全ての都道府県と市町村が地域自殺対策計画を策定 ●産後うつの兆候を早期につかみ自殺予防に効果をあげた自治体 ●ネットで自殺関連の […]