32.住宅
TAG

32.住宅

  • 2022-12-26

【健康・医療】骨折により介護リスクが増加!転倒・骨折を防ぐ自治体の取り組み(事例研究)

<概要> ●介護や事故死、救急搬送の原因となる転倒 ●介護予防のための運動機能向上マニュアルや運動プログラム ●高齢者の転倒事故に注意を呼び掛ける「転倒予防の日」 ●転倒予防の対策を進める自治体 ●骨粗鬆症対策で骨折を防ぐ取り組み <チェックポイント> ●高齢者の転倒予防対策 ●骨粗鬆症の啓発と骨折予防 <掲載事例> […]

  • 2022-12-22

【防災】記録的な大雪!克雪住宅や転落防止など国と自治体の取り組み(政策アイディア)

<概要> ●記録的な大雪に、政府が外出を控えるよう緊急発表 ●国会は豪雪地帯対策特別措置法を一部改正 ●政府は豪雪地帯対策基本計画を10年ぶりに改定 ●克雪住宅を普及促進する県の取り組み ●3段階の大雪対策や雪発電など、自治体の取り組み <チェックポイント> ●大雪災害の状況 ●克雪住宅や転落防止 ●その他の大雪対策 […]

  • 2022-05-16

【エネルギー】住宅への太陽光パネル設置が標準化へ!太陽光発電の普及策と課題(社会・技術動向)

<概要> ●住宅への太陽光パネル設置が標準化へ ●費用・供給過剰・乱開発など太陽光の課題 ●国は再エネ設備の導入・管理に関する検討会を発足 ●太陽光パネル設置に関する自治体の取り組み <チェックポイント> ●建築物への太陽光パネル設置 ●太陽光発電の課題への対応 <掲載事例> ●東京都 ●兵庫県神戸市 ●三重県鳥羽市、 […]

  • 2022-01-18

【住宅】マンションの管理計画に対し自治体が認定や勧告を行うマンション管理適正化法(国政情報)

<概要> ●マンションは老朽化が進み、タワーマンションなど管理も複雑化 ●国は2021年にマンション管理適正化法を改正 ●助言・指導・監督と、管理計画認定に関するガイドラインを策定 ●定期調査や条例など、マンションの管理の適正化に向けた自治体の取り組み <チェックポイント> ●自治体内のマンションの現状 ●自治体のマン […]

  • 2022-01-06

【住宅】相続財産管理人制度、無料解体費用見積もりなど、空き家対策の取り組み(事例研究)

<概要> ●低調な特定空き家認定に対する行政代執行 ●空き家対策の計画づくりと解体補助金などの事例 ●空き家対策としての「相続財産管理人」制度 ●国交省は財産管理制度活用の19事例を紹介 ●自治体が企業と連携、無料で解体費用相見積もりの事例 <チェックポイント> ●自治体区域内の空き家数 ●相続人不在の空き家 ●空き家 […]

  • 2021-12-10

【住宅】空き家活用やデュアルスクールで二拠点居住を推進(事例研究)

<概要> ●コロナ禍で高まった二地域居住への関心 ●国土交通省は「全国二地域居住等促進協議会」を設立 ●内閣官房・内閣府は地方創生テレワークを推進 ●二地域居住を推進する自治体と民間の施策 ●「区域外就学制度」を活用した二地域居住 <チェックポイント> ●自治体における移住政策 ●二地域居住、多地域居住の施策 <掲載事 […]

  • 2021-09-06

【環境】9月決算のヒント(7)総理の2050年CO2排出ゼロ表明で加速した温暖化対策(事例研究)

<概要> ●2020年度は総理の2050年CO2排出ゼロで地球温暖化防止政策が加速 ●「2050年CO2排出ゼロ」宣言をする自治体も増加、計画の具体化がカギ ●省エネルギー政策の最重要政策は住宅断熱 ●営農型太陽光発電など再生可能エネルギー振興 ●長野県の気候危機突破方針など自治体の取り組み <チェックポイント> ●2 […]

  • 2021-08-23

【財政】9月決算のヒント(2)2020年4月に民法改正、未収金の回収は(政策アイディア)

<概要> ●税や保険料の徴収率や滞納への対応など「未収金問題」は決算審査で必須 ●2020年4月より民法が改正され、債権の時効の取り扱いに大きな変化 ●公営住宅契約も改定され、保証人に上限額 ●払いたくても払えない滞納者に対しては、生活相談・支援の徹底が必要 ●一方で、悪質な滞納者には行政サービス停止や許認可拒否をする […]

  • 2021-07-09

【住宅】空き家対策特別措置法と所有者不明土地の関連法が一歩前進(国政情報)

<概要> ●20年間で2倍に増えた、賃貸や別荘以外の「その他の空き家」 ●「その他の空き家」の6割に腐朽・破損がある ●政府は空き家対策特別措置法の基本方針とガイドラインを改正 ●所有者不明土地の問題を解消するための改正民法と相続土地国庫帰属法も成立 ●税制優遇の廃止など自治体の取り組み事例 <チェックポイント> ●自 […]

  • 2021-05-13

【防災】大雨シーズンに備え、流域治水関連法と災害対策基本法が改正(国政情報)

<概要> ●大雨災害対策のため、流域治水関連法と災害対策基本法が改正 ●都市部だけでなく全国の河川が流域水害対策の対象になり得る ●貯留機能保全区域や民間の雨水貯留浸透施設を都道府県が指定・認定 ●都道府県が浸水被害防止区域を指定して、建築規制や集団移転 ●市町村は地区計画やハザードマップ、高齢者や障害者の個別避難計画 […]