社会・技術動向
CATEGORY

社会・技術動向

  • 2020-11-26

【環境】石炭火力発電所廃止方針、地元経済への影響は?新技術は?(社会・技術動向)

<概要> ●政府は2030年までの非効率な石炭火力発電所を廃止の方針 ●石炭火力発電所の廃止による地元経済への影響 ●「公正な移行」で雇用や経済への影響を抑え、新しい産業の可能性を ●混焼による発電効率アップ、CO2の貯蔵など新技術 ●石炭火力発電所の廃止後のまちづくりなど、自治体の取り組み <チェックポイント> ●石 […]

  • 2020-11-19

【農林水産】食の革命「フードテック」で食料問題やゴミ問題を解決(社会・技術動向)

<概要> ●「フードテック」とは、人工肉や植物工場など新技術による食料生産 ●フードテックの市場規模は将来700兆円とも予想されている ●食料廃棄の削減でも期待されている ●新しい農業技術や、植物由来・昆虫由来の肉など ●農水省は産学官連携による「フードテック官民協議会」立ち上げ ●フォーラム開催や技術実証事業など自治 […]

  • 2020-11-17

【コロナ】インフル同時流行に備えた、同時判定検査やプール方式など新技術(社会・技術動向)

<概要> ●コロナとインフルエンザの同時流行に備え、10月末に診療所での新体制を整備 ●2万4629カ所を発熱者の「診療・検査医療機関」に指定するが、地域格差も ●厚労省はコロナ・インフルを同時判定する検査キットを承認 ●複数の検体を同時検査する「プール方式」は研究中 ●発熱外来医療機関の拡大やオンライン診療実施機関の […]

  • 2020-10-30

【環境】新総理が2050年CO2ゼロ宣言!まずは公共施設の省エネから(社会・技術動向)

<概要> ●国の「2050年CO2排出ゼロ」宣言と自治体の状況 ●「2030年削減目標」の設定が重要 ●断熱など公共施設のエネルギー性能向上策 ●公共施設省エネ指針、環境モデル都市など自治体の取り組み ●石炭火力発電所の廃止宣言、原子力発電所をめぐる議論 <チェックポイント> ●自治体の地球温暖化防止計画の目標値 ●2 […]

  • 2020-10-28

【雇用】コロナで増える失業・休業!自治体による再就職支援の取り組み(社会・技術動向)

<概要> ●大手企業の人員削減がリーマンショック時に迫る勢い ●特に非正規雇用が減り、失業者や休業者が増加 ●厚生労働省は就職氷河期世代や女性の再就職を支援する予算要求 ●コロナ離職者を雇用する企業に対する自治体の補助金 ●求職者の資格取得や転居費用を補助する例も <チェックポイント> ●雇用情勢の推移 ●就職氷河期世 […]

  • 2020-10-22

【情報】複数の自治体で外部データセンターを活用する自治体クラウド(社会・技術動向)

<概要> ●情報システムを庁舎ではなく外部のデータセンターで運用する自治体クラウド ●複数の自治体で共同管理・運営してコスト削減と効率化ができる ●国はクラウド普及に向けて財政面とマニュアルで支援 ●自治体はセキュリティ対策としてシステムを3層に分けている ●セキュリティと使い勝手のバランスが課題 ●県内人口の4割が参 […]

  • 2020-09-29

【精神保健】芸能人の相次ぐ死、若い世代の自殺をどう防ぐか?(社会・技術動向)

<概要> ●若い世代の死因第1位が「自殺」なのは先進国で日本だけ ●コロナで自殺防止の活動が休止になり、8月の自殺者数は大幅に増加 ●2017年に改定された自殺総合対策大綱で若者対策が強化 ●全ての都道府県と市町村が地域自殺対策計画を策定 ●産後うつの兆候を早期につかみ自殺予防に効果をあげた自治体 ●ネットで自殺関連の […]

  • 2020-09-28

【コロナ】受診やサービス利用抑制で、病院や介護事業者の経営悪化(社会・技術動向)

<概要> ●コロナによる医療・介護サービスの利用抑制で医療・介護事業者の経営が悪化 ●国もコロナ病床確保に対しては補助を1.4倍にする支援策 ●一方、医療費や介護費の支払いは減額となる可能性 ●素早い病床確保支援金など自治体の取り組み ●国保や介護保険についての来年度以後の保険料算定の議論に影響 <チェックポイント> […]

  • 2020-09-16

【コロナ】「誰でも、いつでも、何度でも」PCR検査の世田谷区モデルに賛否(社会・技術動向)

<概要> ●かかりつけ医の紹介があれば検査可能な「PCR検査センター」が増加 ●PCR検査方法の拡大や簡易な抗原検査や抗体検査も ●介護や保育教育現場などで高まる社会的検査のニーズ ●検査大幅拡大の世田谷区モデル、実態の遊離、予算増大など課題も ●ドライブスルー検査など自治体、団体の取り組み ●PCR検査のニーズをどこ […]

  • 2020-09-03

【エネルギー】再生可能エネルギー由来の「水素」普及の可能性(社会・技術動向)

<概要> ●水素エネルギー、2030年にはスケールアップと大幅コストダウンへ ●自治体も公用車導入や補助金など水素エネルギーの普及を促進 ●「化石燃料由来」と「再生可能エネルギー由来」の水素エネルギー ●再エネの発電変動対策には、燃料電池車よりも電気自動車普及の先行が必要 ●再エネ余剰電力を水素に変換して貯蓄・利用する […]