【道路】道路・河川・公園等の不具合をスマホで通報(事例研究)

<概要>

●千葉市では、市民がスマホで道路や公園の遊具などの不具合を行政に知らせる「ちばレポ」を2014年にスタート

●福岡市は2019年6月から、市の公式LINEアカウントに道路や公園の不具合を担当窓口に知らせる機能を追加

●両市とも、これらの電話が役所に年間1万件以上かかっており、職員の負担になっていた

●市民もいつでも要望を伝えることができるようになる

●各自治体が独自にシステムを開発すると、更新費や維持費がかかり、利用者が操作に慣れるまで時間がかかる問題

<チェックポイント>

●アプリ等を活用した要望対応の必要性

●導入にあたっての都道府県と市区町村の連携

●要望への対応結果が見えるような仕組みづくり

<掲載事例>

●千葉県千葉市、福岡県福岡市

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

おすすめ記事

  • 【公民連携】徹底的な情報公開で、幅広く民間の智恵を集める(事例研究)2020-03-24 【公民連携】徹底的な情報公開で、幅広く民間の智恵を集める(事例研究) <概要> ●今後ますます重要になる公民連携だが、情報公開に課題も ●検討過程や費用対効果の根拠について、情報公開が不十分になりがち ●市役所の全事業を徹底公開して民間からの提案を募集する自治体の例 ●一方で、検討過程から事業者と対話を重ねたのに応募ゼロの […]
  • 【公共施設】総合管理計画の次は施設の長寿命化と統廃合(政策アイディア)2019-12-11 【公共施設】総合管理計画の次は施設の長寿命化と統廃合(政策アイディア) <概要> ●財政が厳しく人口減で利用者も減少する中で、自治体の公共施設が大量更新の時期を迎える ●国の通知や政策誘導もあり、ほぼ100%の自治体が「公共施設等の総合管理計画」を策定 ●長寿命化のためには施設カルテと個別計画が必要 ●次のステップである施設 […]
  • 【広報】ご当地婚姻届、出生届で自治体PR(事例研究)2019-08-07 【広報】ご当地婚姻届、出生届で自治体PR(事例研究) <概要> ●各地の自治体で特色豊かな婚姻届を配布している事例が増えている ●少子化対策で施策を打ちたい、地域全体で若者の結婚を応援したいと考える自治体が取り組む事例が多い ●オリジナルの出生届や受理証明書を用意する自治体もある […]