【防災】ネットを使った災害時の支援物資調達(事例研究)

<概要>

●千葉市はアマゾンの「ほしい物リスト」を活用して災害支援物資を調達

●熊本地震の際には緊急性の低いものが「ほしい物リスト」に含まれているとの批判も

●熊本地震では避難所に物資が直送されて混乱したり、不要になった飲料水がその後も大量に届いたりした

●徳島県はアマゾンジャパンとヤマト運輸と災害支援協定を締結

●徳島県は1300の避難所にあらかじめアカウントを用意し、住民向けのiPad研修も実施

●その他にも「スマードサプライ」「SEMA」などの支援物資プラットフォームがある

<チェックポイント>

●災害時の支援物資調達の仕組みの検討状況

●ほしい物リストを使った受援の弊害解消策

●災害協定や住民向け研修など事前準備の必要性

<掲載事例>

●徳島県

●千葉県千葉市

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

おすすめ記事

  • 【防災】孤立集落を防ぐ多様な道の活用と維持管理(政策アイディア)2019-07-31 【防災】孤立集落を防ぐ多様な道の活用と維持管理(政策アイディア) <概要>●国土交通省が平成31年3月に「多様な主体が管理する道活用の手引き」を作成 ●災害時の避難路・救助搬送・物資供給路の選択を広げて、災害時に公道の遮断によって発生する孤立集落のアクセスルートを確保●多様な管理主体の道が存在しているが、実態把握はされておら […]
  • 【農業農村整備】農業用ため池の管理・保全(国政情報)2019-07-26 【農業農村整備】農業用ため池の管理・保全(国政情報) <概要> ●農業用ため池の管理及び保全に関する法律案(ため池管理保全法)が2019年4月19日に成立 ●地震や台風、豪雨によって、ため池が決壊し、被害が出ることを防ぐための法律 ●都道府県、市町村の役割も明記 […]
  • 【防災】地域防災力の中核としての消防団(政策アイディア)2019-09-06 【防災】地域防災力の中核としての消防団(政策アイディア) <概要> ●東日本大震災では消防団が活躍したが、252人の消防団員が亡くなって装備や情報の不足が指摘された ●消防団を中核とした地域防災力の充実強化に関する法律が施行 ●団員が減少し続ける中で、市職員が昼間だけ活動する市役所消防団なども […]