TAG

12.総務

  • 2021-03-26

【人権】同性婚訴訟で違憲判決!同性パートナーに対する自治体の取り組み(社会・技術動向)

<概要> ●「同性婚を認めないのは憲法14条に違反する差別」との地裁判決 ●世界では欧米中心に30カ国、国内世論では65%が同性婚を容認 ●裁判では、同性カップルが結婚の法的利益を受けられないことが違憲とされた ●自治体では同性カップルを認める「パートナーシップ制度」が広がる ●同性カップルの自治体職員に、法律婚と同等 […]

  • 2021-03-12

【人事】自治体職員と利害関係者の会食は?職員倫理条例など抑制策(政策アイディア)

<概要> ●国家公務員は利害関係者からの接待禁止、会食は報告義務 ●大臣は「大臣規範」により利害関係者からの供応接待が禁止 ●地方公務員には接待禁止の明確な法律は存在せず ●常勤特別職は明確な対象法が存在せず、倫理規定などで対応 ●年次報告を義務化した職員倫理条例など自治体の取り組み <チェックポイント> ●職員と利害 […]

  • 2021-02-24

【総務】2021年度までの公共施設総合管理計画づくり、財務諸表と基金の活用法(国政情報)

<概要> ●公共施設の個別施設計画策定が終わり、2021年度には総合管理計画の見直し ●総務省は計画見直しにあたって指針改定や留意事項を示す ●地方公会計化に伴う財務諸表データの活用も示唆 ●公共施設の維持更新基金をめぐる論点 ●公共施設再生基本条例、基金のルール設定など自治体の取り組み <チェックポイント> ●公共施 […]

  • 2021-02-18

【総務】コロナ特措法で行政罰の「過料」、適用しない条例を提案する自治体も(政策アイディア)

<概要> ●コロナ特措法改正法、刑事罰ではなく「過料」を設定 ●自治体の独自対応可能な「まん延防止等重点措置」にも過料設定 ●過料(あやまちりょう)と罰金・科料(とがりょう)の違い ●罰則なしの義務化など、安易に過料に頼らない方法も ●全国知事会は「権利制限を最小限にとどめる運用」と表明 ●コロナ特措法改正法の過料を適 […]

  • 2021-02-04

【財政】総務省の2021年度自治体予算の論点(4)コロナ禍の保健・医療と経済・雇用(国政情報)

<概要> ●コロナ禍で注目されている感染症対策の保健師を1.5倍に増員 ●公立・公的病院の再編統合は一部先送り ●緊急事態宣言の延長などで経済・雇用の失速が懸念され、留意事項でも入札へ配慮 ●役所の窓口業務では民間活用を求め、非正規職員について待遇の改善策も示す ●窓口業務のアウトソーシングなど自治体の取り組み <チェ […]

  • 2021-01-20

【人事】12月に総務省・自治体より懲戒処分状況発表!服務規律の向上策を(政策アイディア)

<概要> ●毎年12月に前年度の懲戒処分状況が総務省から発表 ●同時期に、各自治体は「人事行政の運営等の状況」を公表 ●人事院の方針を参考に職員の処分基準の設定、服務管理の徹底 ●服務の徹底に向けた研修テキスト整備など自治体の取り組み ●現状把握と内容確認、予防のための「服務規律の保持」が必要 <チェックポイント> ● […]

  • 2021-01-15

【人事】会計年度任用職員の実態調査、官製ワーキングプアからの脱却を(国政情報)

<概要> ●総務省が会計年度任用職員制度に関する実態調査を発表 ●会計年度任用職員62.2万人の9割がパートタイム、8割が女性 ●制度導入前に比べ月額報酬減などの実態があり、総務省が改善を求める ●物件費から人件費への移行、期末手当新設で財政負担が増加 ●地方交付税の増加分と、実際の人件費増の比較が重要 ●財政支援要請 […]

  • 2021-01-14

【市民】教育現場や自治体職場のあいさつ運動、その推進効果と批判(事例研究)

<概要> ●教育現場や地域でのあいさつ運動は、社会性を醸成し防犯効果も ●人事評価に挨拶を導入し、あいさつ運動に取り組む自治体の事例 ●コロナ禍であいさつ運動の取り組みが中止に ●あいさつは大事だが「運動」は歪みにつながるとの批判的観点 ●生活リズム向上、朝のスピーチなど自治体の取り組み <チェックポイント> ●教育現 […]

  • 2021-01-05

【予算】2021年地方財政対策(2)地域のデジタル化推進が2021年度の重点課題(国政情報)

<概要> ●国の重点政策をまとめた「地方財政対策の概要」特集ページに注目 ●デジタル化の集中的推進に地方交付税2000億円を計上 ●デジタルガバメント構築は最重要課題として国も力を入れる ●各省庁の2021年度当初予算における「デジタル化事業」 ●デジタル化への要請、ICT活用事業など自治体の取り組み <チェックポイン […]

  • 2020-12-18

【窓口業務】書かない窓口、混雑状況アナウンスなど市民に寄り添う窓口の工夫(事例研究)

<概要> ●将来はオンライン手続きが原則となるが、当面は窓口での不便解消が重要 ●職員が申請書類内容を聞き取り対応する「書かない窓口」 ●RPAや電子ペーパーも活用した「書かない窓口」が全国に広がる ●窓口の混雑状況をネット上でリアルタイム公開する事例 ●スマホやパソコンからも窓口の待合状況や呼び出し状況が確認できる […]