【消費者】成年年齢が18歳に引き下げ、消費者被害防止の体制は(政策アイディア)

<概要>

●2022年4月から成年年齢が18歳になり、消費者被害増大のおそれ

●消費者庁は「18歳から大人」特設ページで消費者教育を推進

●相談窓口につながる消費者ホットライン188(いやや)開設

●啓発や消費者教育、学校との連携を行う消費者生活センター

●学生が作った啓発リーフレットなど自治体の取り組み

<チェックポイント>

●現状の消費者被害の実態

●18歳成年に伴う消費者教育

●18歳成年に伴う消費者被害の防止策

<掲載事例>

●奈良県

●愛媛大学、筑波大学

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△


おすすめ記事