【廃棄物】ペットボトル再生は海洋プラスチック問題のカギ!ボトル to ボトルの新技術(社会・技術動向)

<概要>

●世界で年間約800万トンものプラスチックごみが海洋へ

●河川流域調査から見えてきたペットボトル処理の課題

●容器包装リサイクル法における自治体の役割と回収方法

●容器包装リサイクル協会への搬入により配分される拠出金

●新技術「ボトル to ボトル」などメーカーと自治体の取り組み

●自治体に代わり地域団体がペットボトル回収する事例

<チェックポイント>

●ペットボトルの回収方法

●ペットボトルのリサイクル状況

●容器リサイクル協会からの拠出金配分額

●ボトル to ボトルの可能性

<掲載事例>

●大阪府大阪市

●兵庫県加古川市、兵庫県高砂市、兵庫県稲美町、兵庫県播磨町

●(公財)日本容器包装リサイクル協会、置賜広域行政事務組合

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△


おすすめ記事