【コロナ】インフル同時流行に備えた、同時判定検査やプール方式など新技術(社会・技術動向)

<概要>

●コロナとインフルエンザの同時流行に備え、10月末に診療所での新体制を整備

●2万4629カ所を発熱者の「診療・検査医療機関」に指定するが、地域格差も

●厚労省はコロナ・インフルを同時判定する検査キットを承認

●複数の検体を同時検査する「プール方式」は研究中

●発熱外来医療機関の拡大やオンライン診療実施機関の発表など自治体の取り組み

<チェックポイント>

●コロナ感染者数の確認

●新体制対応のPCR検査医療機関の数

●新検査体制に移行することが困難な理由

●コロナ・インフル同時判定の検査キット導入、プール方式検査の研究

<掲載事例>

●千葉県、静岡県

●東京都世田谷区

●東京大学先端科学技術研究センター

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

おすすめ記事