【公共交通】広がるコミュニティバス路線、ニーズの把握と採算性が課題(政策アイディア)

<概要>

●2006年の法改正により全国の自治体で広がるコミュニティバス

●導入効果が認められる事例、認められない事例

●国交省が先進事例紹介やアドバイザーとのマッチングを支援

●MaaS、連接バスなど先進技術への対応、検証や路線改定の必要

●小型バス、100円均一、循環型、充実した路線など自治体の取り組み

<チェックポイント>

●自治体のコミュニティバス導入状況

●コミュニティバス路線の経営状況

●コミュニティバス路線の見直し時期

●地域公共交通計画の策定予定

<掲載事例>

●新潟県新潟市

●東京都武蔵野市、愛知県安城市

●公共交通支援センター

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

おすすめ記事