【財政】9月決算のヒント(6)入札・契約関係チェックは決算審議の花形(政策アイディア)

<概要>
●予算審査時点では見えにくかった入札や契約の課題が決算で分かる
●工事入札を中心に落札率と落札業者の偏りを検証することが重要
●設計変更や追加工事に注目して妥当性をチェック
●工事入札以外にも清掃業務や物品入札といった契約全般にも範囲を広げる必要
●特に「随意契約」が濫用されるケースには注目すべき
<チェックポイント>
●条件を絞った落札率と落札業者の一覧
●2019年度中の設計変更、特に追加工事の詳細
●工事以外の契約や物品購入の入札状況
●2019年度中の随意契約の存在
<掲載事例>
●千葉県
●埼玉県さいたま市
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

 

おすすめ記事