【医薬安全】子宮頸がん予防ワクチンに関する自治体の情報提供(社会・技術情報)

<概要>

●年間1万人が子宮頸がんにかかり、3千人が亡くなっている

●ワクチン接種後に体調不良を訴える報告が相次ぎ、約70%だった接種率は1%未満に

●「分らないことが多い」と答えた対象者が4割にのぼり、情報提供が求められている

●公費負担の定期接種であることを対象者に通知している自治体もある

<チェックポイント>

●子宮頸がん予防ワクチンの情報提供体制

●情報提供にあたっての自治体としての姿勢

<掲載事例>

●千葉県いすみ市、青森県八戸市

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

おすすめ記事